FC2ブログ

メニュー


いつにする?

予約の方は℡0467-85-0385までお願いします。 変則的なので施術受付時間を確認してください^0^ 受付時間9:00~13:45       火・水・金・土

ようこそ

まっさーじ工房まどかへようこそ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


     
50代女性
腰部に痛み
来院したときは、腰のベルトの高さに痛みがあり、背中を反ることができなかった。
また、物を拾うときもしゃがまないと取れない状態であった。
歩くと痛むため、ショートコースでの鍼灸治療を実施。

方法
背部に10分鍼通電及び温熱灸を施した。

結果
治療終了直後から痛みが軽減。
歩行も比較的スムーズに行えるようになった。
やや背中を反ることはできたが、完全ではなかった。

◎プラスα
 体全体のストレッチを実施。

◎アドバイス
 しゃがむ時は、腰を落として行うよう指導した。
まっさーじ工房まどかの女性鍼灸専門部門です。

まどかの鍼灸女性専門部門では、施術台を1台のみに限定し、患者さま一人ひとりにゆったりとした空間と施術を行っております。
女性の方にリラックスやより健康になってもらい、充実した毎日を送ってもらえるようお手伝いさせていただきます。女性特有の症状や疲れをとりたいなど、その人にあった施術方法をさがしていきます。
まっさーじ工房まどか 鍼灸女性専門部門は、完全予約制で女性スタッフによる施術です。
院内風景②fc2 130pixel

☎0467-85-0385
受付時間 9:00~13:45
     火・水・金・土



※上記の時間以外に施術希望の方は、前日までにご予約ください。
※受付時間以外は、転送になることもありますので、ご了承ください。
※まどかでは、訪問マッサージ・鍼灸・機能訓練部門も併設しておりますので、お電話の際、「鍼灸女性専門部門希望」とお伝えください。

メールアドレス anma_madoka@yahoo.co.jp
※メールの場合、すぐに返信ができないことがあります。ご了承ください。
     
※予約は前日までにお願いいたします。
 施術中や留守の場合は転送になりますので、よろしくお願いいたします。

お店の地図http://anma2madoka.blog.fc2.com/blog-category-2.html
40代女性
月経が不規則で、薬を服用。
今回は、生理が起き易い体質作りを目的に鍼灸を実施。

《方法》
①足を遠赤外線で温め、腰のお灸(間接灸といってやや熱くなる程度のお灸)
②腰の血流を良くするため、腰部に鍼を行う。
③肩こりもあったため、首、肩に鍼とお灸。

追加:触診したところ、背部が凝っていたため、カッピングも組み合わせた。

≪結果≫
体を温められ、その1日後に月経が起こった。

私の感想!
日常のストレスからも生理不順が起こりがち
生理不順を感じたら、まず体を温めることをおすすめしますぅぅ!
お灸は、ゆっくりと温めていくので、安心してうけることができます。
私も、冷えがあるときや、生理痛のときには、お灸をしたり鍼をしたりして、薬を極力のまないようになりました。

女性特有のことなので、何か疑問があればお気軽にお尋ねください。
リラックスは、症状を改善する大事な一歩です。ということを今回改めて感じました


☎0467-85-0385
受付時間 9:00~13:45
     火・水・金・土



※上記の時間以外に施術希望の方は、前日までにご予約ください。
※受付時間以外は、転送になることもありますので、ご了承ください。
※まどかでは、訪問マッサージ・鍼灸・機能訓練部門も併設しておりますので、お電話の際、「鍼灸女性専門部門希望」とお伝えください。

メールアドレス anma_madoka@yahoo.co.jp
※メールの場合、すぐに返信ができないことがあります。ご了承ください。
     
※予約は前日までにお願いいたします。
 施術中や留守の場合は転送になりますので、よろしくお願いいたします。

20代 女性
≪頚部の痛み,首を回しにくい≫

1週間くらい前から、首の痛み及び回旋(首を回す動作)がしにくくなるとのこと。
鍼灸ロングコースを施術。

方法:首(頚部)の後ろから背中に、脊柱沿い(背骨沿い)に施灸。
   風池・大椎・天柱に約15分置鍼

   ※背中全体が凝りあったため、あわせてカッピングを実施。

結果:フェイススケール4⇒2
   肩全体が軽くなり、痛み軽減。
   
軽い、リラクゼーション、円皮鍼を行い、様子をみるように伝えた。

続きを読む>>

今回の治療感想     
肩の凝りって気付いた時には、かたくなっているのでなかなか取りにくいものです。
そんなときは、鍼をすると、深部の凝りがサーっと取れやすくなります
私も肩の凝りがひどいときは、迷わず鍼をします
鍼灸師ながら、鍼って凄いと感じる瞬間ですぅぅ
40代 女性 ≪足がつりやすい≫
夜間になると右足の大腿(ふともも)がつりやすいとのこと。
リラクゼーション ショートコースを施術。
1回目終了時、あまり変化はなかったが、その日の夜、足のつりがなかったとの
報告を受けた。

3-4週間に1度の施術。
現在も来院中。
足のつりはかなり軽減。

●アドバイスしたこと
 ⇒足首のストレッチを指示。

●大腿(ふともも)の筋肉をほぐし関節を動きやすいように施術。
 つりの激しい方だったので、2-3回の施術を要した。
50代女性
≪坐骨神経沿いに痛み≫

来院時は左側の大腿後面(ももの後ろ)からふくらはぎにかけて痛みが出ていた。

歩くと痛むため、ショートコースでの鍼灸治療を実施。
背部に鍼通電及び温熱灸を施し、治療終了直後から痛みがかなり軽減した。

◎プラスα
 体全体のストレッチを実施。

◎アドバイス
 しゃがむ時は、腰を落として行うよう指導した。

 | BLOG TOP |